・他人のPCをウイルス感染させる目的でブログや掲示板、メールなどでウイルスを仕込みまくったサイトへのリンクを書き込むのは・・・当然アウト



2015年11月21日

「テロとの戦い」という泥沼に日本からわざわざ参加するのは愚の骨頂

「シリアでのロシアの空爆では、テロリストだけでなく民間人も非常に多く死んでいる」みたいな記事を今更取り上げるところがあって呆れてしまう。
「えっ?今更知ったの?」レベル。
こういう事知らずに「テロと戦おう!!日本も参加すべきだ」とか頭悪い事を言ってたんだろうね。

テロリストだけをピンポイントで攻撃できるならともかく、実際はテロリスト殺害に巻き込まれる形で、多くの民間人が死んでいるわけ。
フランスがやってきた空爆でも民間人が多数巻き込まれて死んでいただろう。

こういう事を書くと、「じゃあ、民間人の被害が出るからという事でテロリストは攻撃しないのか?テロリストを放置してたら勢力が拡大するだけだぞ」みたいな、見当違いな阿呆な事を言いだすやついるよね。

「テロとの戦い」は、テロリストを攻撃しても、放置しても、どっちを取っても面倒な事になるから、「日本はそういう泥沼の戦いに自分から参加すんな」って事。
どうせすでにテロリストに激しい攻撃を加えているアメリカとかフランス、ロシアがISILの勢力を弱めるだろうから、日本は静観しておくべき。

オウムみたいに、元々日本を標的にしてたテロリストを相手するというならわかるよ。
でも、ISILみたいに元々日本なんか相手にしていなかったテロリストを、自分からわざわざ関わっていって、以後報復で日本でもテロをやられるようになるってのは、自分からわざわざ災禍を呼び込むものすごく阿呆な行為だ。

アルカイダ見ればわかるが、「テロリストを壊滅できる」なんて無理。
できるのは「勢力を弱める」であって、勢力を弱めても個々のテロリストは世界中に分散され報復テロは続いてしまう。
日本が一番取るべきなのは、日本は元々相手にしてなかったテロリストについては、日本がターゲットにはされないよう行動するであって、そのためにはたとえ諸外国に卑怯と言われようと日本は軍事面でも資金面でもISIL攻撃には関わらず、静観しておくべき。

後藤や湯川の件についても、最初はただの身代金目的での営利誘拐であって、「危険な地域に自分から行った湯川(そして湯川を助けようとした後藤)の自己責任」という話で済んだのに、安倍下痢三が間違ったメッセージをISILに発して、それが原因で日本もISILのテロ対象国に入れられてしまった。
本当に馬鹿すぎる。
安倍は10年以上もニートやってただけあって、社会経験が圧倒的に不足しているよな。こんな致命的なミスをやらかすとは。

日本は経済や財政をこれから立て直していかないといけないのに、安倍がわざわざ自分からISILに反感を買って、そのせいで今後日本のあちこちでテロをやられると、日本の経済や財政改善にとって大きなマイナスになってしまう。
再稼働したやつだけでなく停止中の原発やもんじゅでテロを起こされて、福島みたいに大きな経済損失を引き起こす事にもなりかねん。
このどうしようもない馬鹿総理のせいで。

posted by hg at 09:00| 日記 | 更新情報をチェックする

「面白ブックカバー」シリーズ。
インパクトのあるデザインのブックカバーいろいろ



↓他にもいろいろなデザインのブックカバーあり
面白ブックカバーシリーズ(楽天)


いろいろなデザインのソープディスペンサー



↓他にもいろいろなデザインのソープディスペンサーあり
ソープディスペンサー(楽天)


いろいろなデザインのドアストッパー



↓他にもいろいろなデザインのドアストッパーあり
ドアストッパー(楽天)