・他人のPCをウイルス感染させる目的でブログや掲示板、メールなどでウイルスを仕込みまくったサイトへのリンクを書き込むのは・・・当然アウト



2016年11月27日

FF15の株主のあのブログを保存。

FF15で色々騒動になっているようだね。
すっかり乗り遅れてしまった。
てか、ゲームまだ出てないのに。
 
株主のブログをさっき見たが、なんかブログもう消えるっぽいので転載okらしいし、こっちに転載して記録を残しておこう。
 
  
「ペルソナ5みたいに事前の警告を」みたいに言ってる部分はいまいち同意できないかな。
それをやってもネタバレする奴はするだろう。
 
FF15って、もう六月くらいから何故かストーリーバレが出回ってたが、それについてはこの人一切触れてないのがね。

 
二個目の記事 
 

「ネタバレされても楽しめる作品を作ればいい」という意見について

前回の記事については、最初の記載ではスクウェア・エニックス社に対して威圧的な物言いになってしまっていた箇所などは翌日にお詫びして修正しておいた。
あちこちに転載されたのは、修正前の物になってしまったが。
 
前回の記事で後に追記したように、このブログはしばらくしたら削除する。
元々このブログは長くやるつもりはなく、ディレクターが対応を発表したので役目を終える。
後は会社がどう動くかは、一株主としては見守るしかない。 
 
事態は急を要する状態だったので今回このような形で声明を出したが、今後はここや他所で追加のメッセージを出すという事はもうしない。
  
 
ブログを削除する前に、気になった意見があったので私の見解を述べさせていただきたい。
できれば今回の文章も前の文章を転載されたところはその時の記事に追記するなり、改めて別記事として紹介いただけたら幸いだ。
 
 
「ネタバレされても楽しめる作品をつくればいい」という意見を見た。
この意見については、一見すると「もっともだ」みたいに思うかもしれない。
FF15も、実際はメインのストーリー以外の部分だったり、二周目も楽しめるように作られているのだろう。
 
しかし、ストーリーを楽しむ事に重きをおいている日本のRPGや、アドベンチャーゲームなどで、ストーリー上の重要な出来事をばらされたり、ストーリー上起きる事を箇条書きでずらっと並べて不特定多数が見る場所に書きこまれる、そういう事がソフトの発売のずっと前にやられてしまうというのはやはり問題だろう。
今回のネタバレについては「見たくない者まで間違って目に入ってしまう」ように色々な場所に書きこまれてしまっていて、「見たくない者は見なければいい」という意見も当てはまらないだろう。

ネタバレを無理やり見せられた人は、「それでも買う」という人ももちろんいるだろうが、購買意欲が大きく落ち、買うのを止めてしまったり、買っても後で中古で安く買うようになってしまう人も出てくるだろう。
ストーリーを楽しむ事に重きをおいている作品でのネタバレというのはその作品の魅力を大きく損なう事になってしまう。
そのために、各々の作品では作り手側は発売前のPVなどではひどいネタバレにならないよう細心の注意を払われている。


FF15だけでなく他社ソフトなどでも近年はこのような売れ行きを阻害する執拗なネタバレを発売前に見かける。
ゲームだけでなく映画などでも。
あれらも実際損害を受けていると思われるが、他社は他社でその会社の株を持たれている株主さんがきちんと声を挙げてメーカーを動かし対策をしていったらよろしいだろう。
 
作品については、良作か駄作かは個々のプレイヤーが実際にプレイして判断を下すべきで、駄作だと感じた場合はそれについては作り手に対してユーザーが苦言を言う事まで私は問題視していない。
今回問題だと思ったのは、作品の魅力を大きく損なう発売前のネタバレだ。
「ネタバレされても楽しめる作品を作ればいい」という意見は、今回のような悪質なネタバレに対しては、ずれた意見だと思う。

ネタバレをやっている者達も、自分が楽しみにしていた作品でその魅力を大きく損なうようなネタバレを発売前に受けてしまった時の事を考えていただきたい。
発売前のネタバレについては、メーカー、株主、ユーザー、販売店など色々なところが被害を受けるだけでなく、ネタバレをした側にとっても法的なリスクがあるので、どうか今後はそういう行為は控えていただきたいと思う。
これはゲームだけでなく、他の分野の作品でも。 
 
今回は手間などの面でネタバレを行った者全員に対しては罰を下せないかもしれないし、誠意のある者に対しては色々公開される裁判ではなく、表向きにはせずに示談という形で済ますかもしれない。
運よく罰を免れた者も、実際はその後に目立つような事や余計な事をされると会社や株主から改めて目をつけられ「やはりこいつもネタバレをしていたし、訴えておくべきだ」みたいな流れになってしまう。
運よく罰を受けなかった者ももうおとなしくされて、今後このような法的リスクのあるネタバレ行為などは控えていただけたらと思う。
 
 

 
  
一個目の記事

スクウェア・エニックスの株主の一人より、今回のFF15の騒動に対しての声明

今月発売予定だったファイナルファンタジー15のストーリー内容がソフト発売よりずっと前の段階で流出し、現在も拡散されていってるという異常な事態に大変驚いている。
この状況に対して、スクウェアエニックスの株を多少なりとも所持している私より声明を出させていただきたいと思う。
 
まず、今回の騒動になる前にアトラスがペルソナ5でやったように公式サイトなどで「発売前や発売直後のネタバレに対しては法的な措置を取る」という旨の警告を何故事前に出していなかったのかを経営陣および制作ディレクターなどに問い質したい。
ペルソナ5はこれが功を奏して、発売前のネタバレが激減した。

昨今のゲーム業界では、そのシリーズのアンチや、ライバルハードのユーザーなどが意図的に発売前や発売直後にネタバレを行ってソフトの売れ行きを落とさせようとする非常に醜い光景をよく見かける。
彼らにすれば、「少しでもソフトの売れ行きを落とせればいい」とやっているようだが、これは会社側からすれば明らかに業務妨害行為だ。金銭的な損害も受ける。私達のような株主としても見過ごせない。
これらに対しては、発売前の段階で公式サイトで「ストーリーに関する発売前や発売直後の故意のネタバレを行った場合は、法的な措置を取る場合があります。」と警告を出しておけばそのような行為をする人物はほとんどいなくなるだろうし、それでもやろうとする者に対してはきちんと業務妨害で訴えていけば良い。
 
今回それをやっていなかった経営陣、プロデューサー、ディレクターには明らかに落ち度がある。多額の資金をかけて開発してきたソフトで何故このような本来するべき対応をしていなかったのか?

おそらく他のメーカーでは今回の騒動を見て、今後は「公式サイトで発売前や発売直後にはネタバレをしないよう、法的な対応を匂わせた警告を出す」という対策をしてくるところがほとんどになるだろう。
年末年始に投入される各メーカーのソフトでも慌ててそういう対応をしだすかもしれない。
スクウェアエニックスから今後発売されるドラクエ11や他のソフトでは、このような対応を必ず行い、私達株主には損害を与えないようにしていただきたい。
 
 
 
すでに何人もの株主からも会社に対して連絡が行ってると思うが、今回の騒動については「今からネタバレをしないようメーカーからしっかり警告を出す。」ではもう済まされない段階まで来ている。すでに大規模に拡散されてしまったからだ。
発売前のネタバレ行為によってソフトの売り上げにも影響が出て、すでに発注済の全国の販売店なども金銭的に大きな損害を被る事になる。
会社と株主だけでなく流通や販売店など、被害は多岐にわたる。
 
今回のネタバレとその拡散行為によってスクウェアエニックスの業績や株価に影響が出るところまで発展しているため、それらを引き起こした者達に対してはスクウェアエニックス側から法的な措置を取っていただきたい。
 
掲示板運営側には、該当する各スレッドのログやIPなど各種情報の保存と、書きこみ者の身元の開示にご協力していただき、これらの人物に対しては刑事では業務妨害、民事では損害賠償を請求していただきたい。
twitter社に対しても、削除されたツィートは内部ではログが残っているので、それらも含めてネタバレやネタバレ拡散をしていた者達のツィートや書きこみ者のIP情報の長期保存と提供を依頼していただきたい。
 
ネタバレ書きこみをした人物はもちろんだが、そのネタバレが広く拡散するよう力を入れていた者達に対しても相応の罰を与えていただきたい。彼らも同罪だ。
掲示板やtwitterでの書きこみについてはIP情報やプロバイダの接続情報なども長期間保存されるので、書きこみの度にIPを切り替えていくら身元をごまかそうとしても、「一人で何度もそういう行為をしていた」という事はすぐに判明するはずだ。
ネタバレ書きこみについては、被害を受けたユーザー達からも情報提供を求めれば、喜んでそれに応じるだろう。
 
 
今回のネタバレについては作品を楽しみにしていたファンにとっては内容を事前にばらされる事でその楽しさの一部を奪われて残念だとか悔しい思いをしたり、強い怒りを抱いているかもしれない。
しかし、スクウェア・エニックスの株を多少なりとも所持している私のような者にとっては感情的な面だけでは済まされず、実際に金銭的な被害も受ける事になるため絶対に見過ごす事はできない。
私だけでなく他の株主達も同様だろう。
 
明らかに金銭的な損害も出ているので、会社側には卑劣な行為を行った者達に対しては法的な措置を取るよう、一株主より今回一般に公開する形で声明を出させていただいた。
会社に対して直接送るのではなく、このように一般に公開する形で声明を出したのは、私と同じくスクウェア・エニックスの株を持っている者達に同じように声明を出してもらいたい意味もある。
 
松田社長にはどうか然るべき対応をしていただきたい。
 
  
FF15は開発に長期の年月がかかっており、何年も携わったスタッフも多い。
そのスタッフ達の間からも今回の卑劣な行いをした者達に対しては何らかの法的な措置を取るよう非常に強い怒りの声が多数上がっているだろう。
金銭的な被害を受ける全国の販売店側からもすでに現時点で多数問い合わせが来ている事だと思う。その声を放置すると、今後の取引にも影響が出かねない。

悪意のあるネタバレについては業界では長く放置してきたが、一度何らかの形で然るべき対応を取らないと今後もずっと損害を受け続ける事になってしまう。いつまで泣き寝入りするのか?
全員に対しては無理な場合も、一部の悪質な者に対して毅然とした態度を示す事で、それが前例となって以後間違った行為をする者は激減させられるだろう。


上記の文章のうち、一株主にふさわしくない威圧的な物言い・畏怖させるような箇所があった点についてはお詫び申し上げたい。
その箇所は削除や訂正いたしました。 




・本声明は自由に転載してもよろしい。






ネタバレの拡散者達に対してスクウェア・エニックス側も明確な対応をする事を表明したよう。
労力面や手間の面で考えると全員に対して罰を与えられないだろうから、おそらくより悪質だと判断した一部の人間に対して法的な措置を取られるのだろう。
それだけでも、今後同じような事をしてくる者は激減させられる。
正直もっと早くこういう警告を出していたらと株主としては思うのだけど。

他の株主達や販売店側からも「このままネタバレの拡散を放置しておくのか?」と多数問い合わせがあったのだと思う。
スタッフ的にも心血注いだ作品がおかしな形で台無しにされるのは相当我慢できなかっただろう。

他社のソフトでは、メタルギアソリッドの4や5もひどいネタバレ拡散をやられていた。
コナミについては私は株は持っていなかった(今も)ので、株主的立場ではなく一個人としてしか意見は言えないが、ああいうのもやはり放置すべきではなかったと思っている。
任天堂やカプコン、他のメーカーも今後はソフト発売前の警告と、それでもネタバレを行う者には毅然とした態度を示すべきだ。


スクウェアエニックス側が対応をきちんと表明したため、このブログは一応役目を終えたという事で、しばらくしたら閉じようと思う。

以上で転載終了。
ドラクエ11については、この株主が言うようにわざわざ対策をしなくても、今までみたいに日本先行発売でやれば、フラゲで入手した者が出るとしても発売日の一日か二日前で、そのフラゲユーザーがクリアするのは発売日かそれ以降になるだろうから、発売前にラストまでネタバレされるというのはまず無いと思うよ。
発売直後のネタバレ爆撃はされるだろうけど。
今回のネタバレはあちこち関係ないところにまで貼られていたので、ドラクエ11も発売直後に全然関係ないところでラストまでのストーリーの流れを書いた悪意あるネタバレを見かけるだろうという事は注意しておかないと。
 
 
日本人でどうやらフラゲ者がもう昨日には出たよう。
うらやましいと思うが、すでに今の段階で起動したらPS IDがBANとかされたりする危険があるのでは?
posted by hg at 09:18| ゲーム | 更新情報をチェックする

「面白ブックカバー」シリーズ。
インパクトのあるデザインのブックカバーいろいろ



↓他にもいろいろなデザインのブックカバーあり
面白ブックカバーシリーズ(楽天)


いろいろなデザインのソープディスペンサー



↓他にもいろいろなデザインのソープディスペンサーあり
ソープディスペンサー(楽天)


いろいろなデザインのドアストッパー



↓他にもいろいろなデザインのドアストッパーあり
ドアストッパー(楽天)