・他人のPCをウイルス感染させる目的でブログや掲示板、メールなどでウイルスを仕込みまくったサイトへのリンクを書き込むのは・・・当然アウト



2017年06月02日

前川前事務次官の発言が本当だったのが確定。安倍首相の不正が証明された。

「官邸の最高レベル」文書 今も文科省職員のPCなどに保管(NHK)

「加計学園」が計画している獣医学部をめぐり、「官邸の最高レベルが言っていること」などと記された文書は文部科学省内の複数の課の少なくとも10人以上の職員にメールで複数回、送信され、今も個人のパソコンの中などに保管されていることがNHKの取材でわかりました。
国家戦略特区により、学校法人「加計学園」が愛媛県今治市に新設を計画している獣医学部をめぐり、その選考途中で内閣府と文部科学省などのやり取りを記したとされる文書について、文部科学省は「省内の共有フォルダーなどを調べた結果、確認できなかった」と説明しています。


このうち、「官邸の最高レベルが言っていること」と内閣府の幹部が述べたと記された文書は、省内の複数の課の職員にメールで複数回、送信されていたことがわかりました。


メールが送られたのは去年9月27日から28日にかけてで、このうち、NHKが入手した資料は専門教育課の担当者名で28日に送られたもので、「本日朝の大臣レクについて概要を作成しましたので共有いたします」などと記され、文書が添付されていました。


このメールを受け取った職員は少なくとも10人以上いて、今も個人のパソコンに保管している職員もいるということです。職員の1人は「専門教育課が大臣の説明資料として作成したもので、私も文書を持っている」と話しています。


これまで文部科学省は文書について、職員に聞き取ったほか、共有フォルダーなどを調べた結果、「文書の存在は確認できなかった」と発表し、個人のパソコンについては今後も調べるつもりはないと述べていました。


NHK:「官邸の最高レベル」文書 今も文科省職員のPCなどに保管
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170602/k10011004921000.html



民進党が先に発表したようだが、NHKや色々なマスコミも独自に文科省の職員達に取材を行っており、首相からの圧力があったという当時のメールが未だに職員個人個人のPCに残っているのがしっかり確認された。
もう安倍は言い逃れ無理。

この件は官邸側は前川前事務次官叩きでもみ消そうとしていたわけだが、結局今の文科省職員達は人事を安倍に握られた状態が今後も続くと、これからも望まない行政を無理やりさせられ続けるという事で、何人もが反旗を一斉に翻したよう。
安倍さえいなくなれば、人事権握って私的に行政を歪めるという屑みたいな事をするのはもう終わるだろう。

自民党の石破は次の総裁選に出馬するつもりだろうが、この格好の機会にきちんと安倍を叩きつぶしておくべきだ。
こういう千載一遇のチャンスを石破は絶対に見逃すべきではない。

posted by hg at 21:31| 日記 | 更新情報をチェックする

「面白ブックカバー」シリーズ。
インパクトのあるデザインのブックカバーいろいろ



↓他にもいろいろなデザインのブックカバーあり
面白ブックカバーシリーズ(楽天)


いろいろなデザインのソープディスペンサー



↓他にもいろいろなデザインのソープディスペンサーあり
ソープディスペンサー(楽天)


いろいろなデザインのドアストッパー



↓他にもいろいろなデザインのドアストッパーあり
ドアストッパー(楽天)